hatena の Microsoft Access 掲示板



[7258] RE:非連結のCBを利用してレコードを選択後の情報取得と計算 Name:hatena Date:2017/08/02(水) 17:37
> 注残の項目を作った意図としては、出すレコードは決まったが残りは注文として残しておくというところです。そう行った意味で、チェックボックスにチェックをいれたところで選択数量の欄に数量をセットし、その数量が変更されたら、元の数量と比較して残った分を新規で再登録しようかと思ってました。

自分なり解釈してみました。

基本は選択したものは全数出荷だが、、場合によって、あるいは後から、ユーザーが数量を変更する場合がある。その場合は、差を「注残」として表示したい。

ということなら、ユーザーが入力することもあるので、テーブルに「数量」とは別に「選択数量」というフィールドは必須ですね。でないと、その値を残しておくことができません。

その場合は、下記のような設計が考えられます。

選択チェックボックスのプロパティを下記にせっていします。
コントロールソース =Nz([選択数量])>0
タブストップ いいえ


選択数量テキストボックスのコントロールソースは
選択数量

注残テキストボックスのコントロールソースは
=[数量]-[選択数量]

選択チェックボックスの上に重ねてコマンドボタンを配置して、「透明」を「はい」にします。
コマンドボタンのクリック時イベントは下記のVBAを設定します。

If 選択数量 > 0 Then
  Me.選択数量 = 0
Else
  Me.選択数量 = Me.数量
End If


フォームフッターの「チェック合計」テキストボックスのコントロールソースは、
=Sum([選択数量])
とします。

ここまでできたら、後は、なんとかなりますよね。


スレッド記事表示 No.7250 非連結のCBを利用してレコードを選択後の情報取得と計算について  Kiara2017/08/01(火) 15:13 [ 返信 ]
   ┣No.7251 RE:非連結のCBを利用してレコードを選択後の情報取得と計算につ hatena2017/08/01(火) 17:32
   ┣No.7254 RE:非連結のCBを利用してレコードを選択後の情報取得と計算につ Kiara2017/08/02(水) 10:19
   ┣No.7258 RE:非連結のCBを利用してレコードを選択後の情報取得と計算 hatena2017/08/02(水) 17:37
   ┣No.7259 RE:非連結のCBを利用してレコードを選択後の情報取得と計算 Kiara2017/08/02(水) 19:20
   ┣No.7260 RE:非連結のCBを利用してレコードを選択後の情報取得と計算 hatena2017/08/03(木) 00:37
   ┣No.7261 RE:非連結のCBを利用してレコードを選択後の情報取得と計算 Kiara2017/08/03(木) 09:13
   ┗No.7267 【解決】非連結のCBを利用してレコードを選択後の情報取得と計算 Kiara2017/08/04(金) 18:36

  




無料レンタル掲示板・日記・ブログ Progoo